福島県教育委員会メールマガジン
 「うつくしま教育通信」
バックナンバー(創刊号〜Vol.70)
県教育委員会のトップページメールマガジン>バックナンバー

 このページには2004年(平成16年)6月創刊号〜2010年(平成22年)3月Vol.70までのメールマガジンのバックナンバーを掲載しています。なお、ここに掲載されている情報及びURL等は発行時点のものであるため、旧市町村名で記載されていることやリンク先がないことなどがありますことを御了承願います。

【2010年3月23日(火)】Vol.70
県教育委員会委員長 境野 米子
「教育現場に温かい風を」
県教育次長 藤田 充
「“意識すれば見える”ということ」
【2010年2月22日(月)】Vol.69
県教育委員会委員 小野 栄重
「まちづくりはひとづくり」
県教育庁理事 小松 信之
「すばらしい教職員」
【2010年1月20日(水)】Vol.68
県教育委員会委員 鈴木 芳喜
「裁判員と教育委員」
県教育委員会教育長 遠藤 俊博
「年の始めに」
【2009年12月21日(月)】Vol.67
県教育委員会委員 日下 龍一郎
「社会に出る前に」
県教育庁教育次長 藤田 充
「学校教育のブランド化という発想」
【2009年11月20日(金)】Vol.66
県教育委員会委員 遠藤 由美子
「晩秋の虫供養」
県教育庁理事 小松 信之
「福島県学校教育審議会」
【2009年10月20日(火)】Vol.65
県教育委員会委員 境野 米子
「子どもとサプリメント(栄養補助食品)」
県教育委員会教育長 遠藤 俊博
「携帯電話無き時代−昭和は遠く」
【2009年9月24日(木)】Vol.64
県教育委員会委員長 深谷 幸弘
「牡丹焚火(ぼたんたきび)」
県教育庁教育次長 藤田 充
「教え子との再会」
【2009年8月20日(金)】Vol.63
県教育委員会委員 鈴木 芳喜
「クレーマーに対する対応」
県教育庁理事 小松 信之
「総合的な文化行政」
【2009年7月21日(火)】Vol.62
県教育委員会委員 日下 龍一郎
「特別支援教育」
県教育委員会教育長 遠藤 俊博
「たのしみは・・・」
【2009年6月22日(水)】Vol.61
県教育委員会委員 遠藤 由美子
「子どもたちが司る『虫送り』」
県教育庁教育次長 藤田 充
「教育は人なり」
【2009年5月20日(水)】Vol.60
県教育委員会委員 境野 米子
「『中途退学』の思い出」
県教育庁理事 小松 信之
「福島県総合教育計画」
【2009年4月20日(月)】Vol.59
県教育委員会委員長 深谷 幸弘
「県立修明高校開校」
県教育委員会教育長 遠藤 俊博
「よろしくお願いします」
【2009年3月23日(月)】Vol.58 県教育委員会委員  鈴木 芳喜
「家族を思うと」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「御礼とお願い」
【2009年2月20日(金)】Vol.57 県教育委員会委員 日下 龍一郎
「子どもと学校」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「浮谷東次郎(TOJI)になってほしい」
【2009年1月20日(火)】Vol.56 県教育委員会委員 遠藤 由美子
「子どもの聞き書きから」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「新年を迎えて」
【2008年12月22日(月)】Vol.55 県教育委員会委員 境野 米子
「地域の学校について思うこと」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「不祥事で暮れるこの一年」
【2008年11月20日(木)】Vol.54 県教育委員会委員長 深谷 幸弘
「県立東白川農商高等学校創立100周年」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「高等学校総合文化祭」
【2008年10月17日(金)】Vol.53 県教育委員会委員長 宮森 泰弘
「論語読みの論語知らず」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「共に学ぶ」
【2008年9月22日(月)】Vol.52 県教育委員会委員  鈴木 芳喜
「先生と呼ばれる職業」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「春色のスープ」
【2008年8月20日(水)】Vol.51 県教育委員会委員 境野 米子
「水は、健康の基本」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「『じゃらご』と縦割り」
【2008年7月22日(火)】Vol.50 県教育委員会委員  里見 庫男
「道の文化財『道標』の保存を」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「教職員の責任」
【2008年6月20日(金)】Vol.49 県教育委員会委員 深谷 幸弘
「第20回世界一小さな映画祭」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「学校の安全・安心」
【2008年5月20日(火)】Vol.48 県教育委員会委員長 宮森 泰弘
「史跡慧日寺跡金堂の再建に期待するもの」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「山高きが故に・・・」
【2008年4月21日(月)】Vol.47 県教育委員会委員  鈴木 芳喜
「別れの季節」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「声楽アンサンブルコンテスト全国大会」
【2008年3月21日(金)】Vol.46 県教育委員会委員  境野 米子
「喜多方市の農業科に思う」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「環境は子孫から借り受けたもの」
【2008年2月20日(水)】Vol.45 県教育委員会委員  里見 庫男
「いわき市に『童謡館』が設置される」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「タクロン・チーバー」
【2008年1月21日(月)】Vol.44 県教育委員会委員 深谷 幸弘
「俳句の心」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「新年のごあいさつ」
【2007年12月20日(木)】Vol.43 県教育委員会委員長 宮森 泰弘
「大自然に学ぶ」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「今年最後のお詫びと御礼」
【2007年11月20日(火)】Vol.42 県教育委員会委員 鈴木 芳喜
「文化の日に思ったこと」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「度重なる不祥事に直面して」
【2007年10月22日(月)】Vol.41 県教育委員会委員 境野 米子
「早寝早起き、腹八分」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「戒石銘の話」
【2007年9月20日(木)】Vol.40 県教育委員会委員長  里見 庫男
「尾瀬国立公園」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「学ぶことを続けさせる私的事情」
【2007年8月20日(木)】Vol.39 県教育委員会委員 深谷 幸弘
「小林久敬」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「障がいを受け入れること」
【2007年7月20日(水)】Vol.38 県教育委員会委員 宮森 泰弘
「2007年問題と料理酒」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「通学区域制度について」
【2007年6月20日(水)】Vol.37 県教育委員会委員 鈴木 芳喜
「家族について」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「全国生涯学習フェスティバル」
【2007年5月21日(月)】Vol.36 県教育委員会教育長 野地 陽一
教育長メッセージ
【2007年4月20日(金)】Vol.35 県教育委員会委員 境野 米子
「萱(かや)屋根修復」
県教育委員会教育長 野地 陽一
「就任のごあいさつ」
【2007年3月20日(火)】Vol.34 県教育委員会委員長  里見 庫男
「ヘリテージの意識を高めよう」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「本来の子どもの文化を取り戻そう」
【2007年2月20日(火)】Vol.33 県教育委員会委員 深谷 幸弘
「雛の笑顔に会えるまち」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「ふくしまの文化やスポーツを盛んに」
【2007年1月22日(月)】Vol.32 県教育委員会委員 宮森 泰弘
「ホッ!とニュース・『日本の歌百選』」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「生き方を示さなければならない」
【2006年12月20日(水)】Vol.31 県教育委員会委員長 鈴木 芳喜
「委員長を退任して」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「今教員に努力と覚悟が求められている」
【2006年11月20日(月)】Vol.30 県教育委員会委員長  里見 庫男
「自分のことばの祝辞」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「いじめをなくすために」
【2006年10月20日(金)】Vol.29 県教育委員会委員 深谷 幸弘
「須賀川の世界一小さな映画祭」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「今が正に正念場」
【2006年9月20日(水)】Vol.28 県教育委員会委員 宮森 泰弘
「国語力と日本の品格」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「保護者や地域の方々の協力を得て」
【2006年8月21日(月)】Vol.27 県教育委員会委員長 鈴木 芳喜
「香道」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「自分自身の文化」
【2006年7月20日(火)】Vol.26 県教育委員会委員 須佐 由起子
「夏の高校野球開会式」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「日本人であること」
【2006年6月20日(火)】Vol.25 県教育委員会委員  里見 庫男
「盛岡で思うこと」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「社会人としての自立を考えて」
【2006年5月22日(月)】Vol.24 県教育委員会委員  深谷 幸弘
「世の人の見付けぬ花や・・・」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「日常の生活が基本」
【2006年4月20日(木)】Vol.23 県教育委員会委員 宮森 泰弘
「アンチ・エイジング」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「早急に変えていきたい」
【2006年3月20日(月)】Vol.22 県教育委員会委員長 鈴木 芳喜
「子どもの安全確保のために」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「今年度を顧みて」
【2006年2月20日(月)】Vol.21 県教育委員会委員 須佐 由起子
「土曜学校」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「さりげなくしっかりと」
【2006年1月20日(金)】Vol.20 県教育委員会委員 里見 庫男
「歴史のまちづくりの教育」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「新年を迎えて」
【2005年12月20日(火)】Vol.19 県教育委員会委員  深谷 幸弘
「昭和20年8月、須賀川で」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「生活集団に工夫を」
【2005年11月21日(月)】Vol.18 県教育委員会委員 宮森 泰弘
「原油価格の高騰を考える」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「変化の芽を育てたい」
【2005年10月20日(木)】Vol.17 県教育委員会委員 鈴木 芳喜
「法教育の普及と実践」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「産業教育フェア」
【2005年9月20日(火)】Vol.16 県教育委員会委員長 須佐 由起子
「子育て」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「盲・聾・養護学校スポーツ大会」
【2005年8月22日(月)】Vol.15 県教育委員会委員 深谷 幸弘
「三本の桜」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「今回の地震で考えさせられたこと」
【2005年7月20日(水)】Vol.14 県教育委員会教育長 富田 孝志
「子どもたちの社会化を」
【2005年6月20日(月)】Vol.13 県教育委員会委員 宮森 泰弘
「会津に残された新しい文化」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「環境教育を考えると」
【2005年5月20日(金)】Vol.12 県教育委員会委員 鈴木 芳喜
「ライブドアとニッポン放送」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「考えさせられたこと」
【2005年4月20日(水)】Vol.11 県教育委員会委員長 須佐 由起子
「zero tolerance」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「実効あるものとしていきたい」
【2005年3月22日(火)】Vol.10 県教育委員会委員 深谷 幸弘
「後藤新平」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「かくれんぼの中に」
【2005年2月21日(月)】Vol.9 県教育委員会教育長 富田 孝志
「子どもたちの健全な育成のために」
【2005年1月20日(木)】Vol.8 県教育委員会委員 宮森 泰弘
「価値ある野口英世の新千円札」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「すぐに取りかかりたいこと」
【2004年12月20日(月)】Vol.7 県教育委員会委員 鈴木 芳喜
「教育の変革の息吹」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「本当の切磋琢磨」
【2004年11月22日(月)】Vol.6 県教育委員会委員長 須佐 由起子
「学校給食」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「高文祭で考えさせられたこと」
【2004年10月20日(水)】Vol.5 県教育委員会委員長 深谷 幸弘
「円谷幸吉選手」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「男女共学化により」
【2004年9月21日(火)】Vol.4 県教育委員会委員 里見 庫男
「教育再生の道」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「子ども達をよく見て」
【2004年8月20日(金)】Vol.3 県教育委員会委員 宮森 泰弘
「もう一つの会津悲話」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「学力の向上」
【2004年7月20日(火)】Vol.2 県教育委員会委員 須佐 由起子
「感激の再会」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「私達にも考えなければならないことが」
【2004年6月21日(月)】創刊号 Vol.1  県教育委員会委員長 深谷 幸弘
「田善賞」
県教育委員会教育長 富田 孝志
「日常のひとときにこそ」