双葉地区 未来創造型リーダー育成構想
(新 双 葉 地 区 教 育 構 想)



○双葉地区教育構想は、「真の国際人として社会をリードする人材の育成」を基本目
標とする、関係団体(県、双葉郡3町(富岡町、楢葉町、広野町)、JFA等の競技
団体、大学、JICA)の連携により平成18年度にスタートした人材育成プログラ
ムです。

○構想の中核を担ってきた富岡高等学校と連携4中学校において、構想に基づく取組  を推進し、これまでバドミントン部の全国大会優勝、サッカーやゴルフのプロ選手
の誕生、四年制大学進学者の増加など、着実に成果を収めてきました。

○しかしながら、富岡高等学校が平成28年度をもって休校となるなど環境が大きく
変化したことを踏まえ、構想を全面改定することとし、平成29年3月に新構想とな
る「双葉地区 未来創造型リーダー育成構想」を策定しました。

○新構想においては、構想の枠組みをこれまでの3町から双葉郡8町村に拡大すると  ともに、8町村の教育長がまとめた「双葉郡教育復興ビジョン」と本構想が両輪と
なりながら、相乗効果をもたらすよう取組を進めることとしております。さらに、ス
ポーツはもちろんのこと、教育実践においても一層重点化して進めてまいります。

○新構想では、次の3つの視点を重視しています。
 @ 震災後の課題先進地域だからこそ、未来創造型の人材を育成する
 A 競技力だけはなく、タフでしなやかな、新時代のリーダーを養成する
 B ふたば未来学園を新たな核としながら、多様な主体の協働を推進する

○今後、関係団体の連携により、新構想に基づく取組を推進してまいります。


  ●「双葉地区 未来創造型リーダー育成構想」のポイント(PDF)114KB

  ● 双葉地区 未来創造型リーダー育成構想(本文)(PDF) 1,880KB

  ● 双葉地区教育構想のこれまでの実績、成果等(データ集)(PDF)138KB


>>>県立富岡高等学校のホームページへ     っd    >>>県教育委員会のトップページへ